2019年6月16日
懐かしの Tokina Lens

画像

ヤフオクは卒業と言ったばかりなのに、ついつい・・ズームレンズを落札。落札価格は敢えて言わないが、新品並みの美品ながら納得の即決価格だったというのもある。下手に競るくらいなら即決で落札できるほうが明快でいい。

Tokina AT-X 28-70mm F2.8 New AT-X270 PRO という名のレンズ。F値が 2.8通しというのは扱いやすい。これが発売された当時は気になってはいたが、望遠寄りのレンズを使うことが多く買うには至らなかったレンズ。改良されて Newが付いて さらに PROになったんだったかな・・どうでもいいことだが(^^;

700g 以上あるので K-1に付けるとかなりの重量だが安定感があって重さは特に感じない。見るからにメカっぽい鏡筒が、古くもあり新鮮さもありでいい雰囲気だ。どこを見てもキズらしきものは無い。発見して迷わず落札したが、今回は大当たりだった!

ただし、開放ではあまり使いたくないレンズ(^^; 甘い写りが悪いわけじゃ無いが、レタッチで救えるようなものではないので、よほどの目的が無い限り避けたい。実際にあれこれ撮ってみると F4に絞ると俄然写りが良くなる。F5.6〜F8になるとコントラスト良くなり、フイルム時代のレンズながら、K-1に出会って実力を発揮しているような気がする。

K-1だけじゃなく、K-3に付けたらどんな写りか試したいね。重さ的には K-1との方がバランスいいけどね。K-3が軽く感じるのが何ともはや(^^; 電子部品の塊だからと言われればそれまでだが、しかしカメラって重くなったよねえ(^^;

投稿者 Nao7 : 21時20分 デジカメ 690コメント(0)

2019年4月30日
ヤフオクは卒業かな

画像

画角を比較

三脚や雲台など撮影関連で必要な機材はあらかた揃ったと思う。今日は PENTAXのフイルム時代の望遠レンズが届いた。SuperMalti Coated TAKUMAR 150mmf4 という珍しい焦点距離。Kマウントでは 120ミリを愛用していたが、どちらも微妙な焦点距離だね(^^;

K-1M2に付けて早速試し撮り。天気が悪いので室内で適当にテストしたが思いのほか良く写る。フルサイズカメラの能力が生かされてるのかも。Pentax Qに付けると焦点距離は Q7よりも若干長くなり 837ミリ! 手持ち撮影はまず無理なのでメインで使うものじゃないよね。

右の画像は Qと K-1M2で同じ距離から撮ったもの。最短撮影距離が不明なのでカメラを持って前後しながら適当に距離を決める。上段は フルサイズ横 7360ピクセルを 1024にリサイズ。下段は 4000ピクセルを 1024にリサイズ。比較という意味では適当だが、フルサイズカメラなら平凡な焦点距離だが、Qや Q7では超望遠となるのが分かるかと思う。

リサイズすればそこそこ見られるので、軽いボディに軽いレンズで 800ミリ以上の望遠効果があるのはやはり楽しい。ただワンシーンに複数回シャッターを切らないとダメと覚悟していないとね。フイルム時代のように、ピント外しちゃった、じゃ済みそうもないからね(^^;

明日から令和・・娘に倣って断捨離始めるか(^^;

投稿者 Nao7 : 20時50分 デジカメ 683コメント(0)

2019年4月4日
オオアラセイトウ

画像

晴れた気持ちの良い午後。庭を見ると小さな花オオアラセイトウが風にゆらゆら。たまたま三脚や一脚の整理をしていたのでカメラを乗っけて撮ってみた。しばらく使っていなかったので動かさないとレンズも老化するだろうと、一番重い SIGMA 500ミリズームで撮ってみた。庭の小さな花を撮るのに 500ミリは大袈裟だが、機材選択なんて成り行きです(^^;

ムラサキハナナと呼ばれるほうが多いと思うが、今や自生で繁殖する雑草並みの強い花。風に揺れるだけでも撮りにくいのに、花と雑草が混じっているのでどこを狙ったものやら。何度かシャッター切ったがどうにもシャキッとしない感じ。内面反射の影響か眠い画像。

そこそこの場面を見つけて撮ったのをアップするが、データは ISO-200 F10 1/640秒。常識的にレンズを選ぶならマクロ 100ミリだろうね。天気の良い日にまた撮ってみようか。細かなヒゲは写っているが全体がほんわか。解像してるがまるで古いレンズで撮ったようだ。

あまり歩きたくないので桜を撮っていない・・・まっ、いいか(^^;

投稿者 Nao7 : 21時12分 デジカメ 678コメント(0)

2019年3月31日
SMC TAKUMAR 1:1.8/55

画像

もう50年以上も前の Super Takumar 1.8/55をまだ捨てずに持っている。ただ実用になる状態じゃない。曇りがひどく、修理に出すのもためらうようなレンズ。そこでヤフオクで綺麗な状態のレンズを 3,600円+送料で入手した(^^;

M42というスクリューマウントなので Kマウント用アダプタを噛まして K-3に付けてみた。このマウントアダプタだが、ボディから外すときにレンズマウントがスクリューなのでアダプタが残ってしまう。そうなると取り外しが面倒なので 1.4倍テレコンを介してマウントする。

テレコンにマウントアダプタ残っても取り外しはそう難しくない。ただ、普通に考えてもこんな使い方は何のメリットも無い。わざわざ面倒にすることはないよね(^^; じゃあどう使うのかってことだが PentaxQ7 に付けてみたかったわけ。Qマウント用のアダプタがあるのでそれを使えばテレコン無しでマウントできる。

焦点距離は55ミリだが Q7では 35ミリ換算で 253ミリに相当するので一気に望遠レンズに化けてしまう。それでいて F値は変わらないから液晶が眩しい(^^; F4か F5.6でもピント合わせに困ることはない。ただ、望遠なので手持ちでピント合わすのは辛くなる。

このレンズの魅力はレンズのレバー操作で開放と実絞りに切り替えられること。Aレンズでは自動絞りボタンの位置が最少絞り目盛りの横なので操作が煩わしい。そこそこ新しいレンズを使えるのはいいが、それは遊びとしては面白くも何ともない(^^;

レンズの最短撮影距離は元のままなので 253ミリの望遠で 50センチほどに寄れる計算になるので早速目の前のリンゴを撮ってみた。絞り値は記録されないが 記憶では F8。シャッターは1/80で ISO-1600 となっている。甘いけど(リンゴじゃないよ)雰囲気は悪くない。

モノクロ全盛期のレンズでカラー撮影するって、まぁ、物好きな話なんだが、デジタル撮影で画像ソフトがあるからこそ可能なこと。それを楽しむのも一興と思うんだけどね。

明日から 4月。いよいよだねえ。

投稿者 Nao7 : 21時25分 デジカメ 676コメント(0)

2019年3月15日
連続撮影

画像

K-1 の連続撮影は 最高約4.4コマ/秒。APS-Cサイズ撮影なら 最高約6.4コマ/秒。これでは飛鳥撮影には向いていないかもね。飛んでいない鳥なら 1コマ撮影でも撮れるが、飛んでる鳥は連写にセットしておかないと撮れたものじゃない。

これが K-3になると 高約8.3コマ/秒。連写速度に関しては K-3が有利なのは明白。同じレンズを使っても焦点距離が 1.5倍になり、また色々と試す必要ありで悩ましい。ただ、この数回の撮影で連写速度に過大な期待はしていないが、パワー不足を感じたのは事実。

アップした画像は 2枚の画像を重ねたもの。左側が 1枚目。右が 2枚目になるが、そのあとはコンクリートだけが 3コマ写っていた。カタログ通りというか、1回シャッターを押してヒヨドリが視野から消えたと感じて指を離すまでに 4.4コマ撮ったことになる。もし最低でも鳥写し込みで 3コマを撮れるならかなり楽になると思う。もう少し中央寄りに撮れるかも。

2枚の画像をそれぞれ 50%の濃度で重ねたので背景は 100%濃度。背景が全くズレていないので、1回シャッターを切って運よく 2コマ撮れたのが分かる。う〜ん、K-1より K-3で撮るほうが有利なのかなあ。ファインダーは K-1が断然見やすいし、それだけ早く反応できると思うんだけど、まあ、試して見ようか(^^;

色々やってダメなら動画撮影にしちゃおうか(^^;

投稿者 Nao7 : 22時18分 デジカメ 672コメント(0)

2019年3月14日
タイミングよりピントが

画像

3度目の飛鳥撮影にチャレンジ。飛鳥だなんて如何にもだが、やろうとしていることの内容をいちいち書くのも面倒でしょ。以後この用語を使うことにする(^^;

天気は良いし早起きしたせいかちょっとばかり気合が入る。今日は一脚を使い待ち時間で焦れないようにした。なにせ目の前にいるのになかなか餌の所に来ないんだよね。餌くわえて一目散に逃げるくせにねえ。撮影チャンスは餌があるとき。餌が無くなりゃ来ないから、撮影するチャンスは 1〜2回しか無いってこと。

鳥影がファインダーに入るなと思う瞬間にシャッターを切る。出たとこ勝負で連写するのだが、左から視野に入り右へ飛び去ったのは分かる。だが写し止めたかどうかはモニター見るまで分からない。目の前 2メーターほどの空間を飛ぶので、ほんと一瞬の勝負になるわけ。

190ミリ 1/2500 seconds で撮ったのだが、今までよりタイミングは良くなったがピント合わせが難しい。ここまでの経験から次回はマニュアル測距、要するに飛ぶコースを予想して置きピンしようと思う。置きピンするなら 三脚使用でレリーズでシャッター切るのがいい。問題はレンズ選択だが、何度もチャンスは無いのでテストで潰すのもねえ(^^;

今日は運よく右方向に飛んでくれたが、この流れだと何とか鳥の全体をキャッチ出来る。あとはいかにシャープに撮るかだけ。結果を問わなきゃ月を撮るなんてチョロいよ(^^;

明日も左から右へ飛んでくれ!(笑)

投稿者 Nao7 : 22時33分 デジカメ 671コメント(0)

2019年3月11日
8年前のゆらゆら

画像

RICUのベッドに横たわっていた私には、そう感じた地震。11階の揺れってこんなものかな?と夢うつつに思いながら、医療器材を倒れないように支えていた看護師さんと「今日の揺れは長いねえ」なんて話していたっけ。ゆらゆらどころかグラングランの大地震だったんだね。

「3.11」は私個人としても忘れられない日だが、正直あまり言葉にしたくない。嫌なと言うより悲しい思い出しかない。「3.11」が話題になるとそれが思い出されて切なくなる。

今日は暑かった。急に気温が上がると身体がついていかない。年々対応能力が落ちているようで衣服で調整するが何とも面倒なことだ。気分転換に洗濯したが、午後から干したのでは乾かないよね。まぁ、洗濯もの溜め込むよりはいいよね。

飛ぶ鳥を写そうとチャレンジしているが、2日目の結果には笑ってしまった。150ミリ前後に画角を広げたが、何と上に飛んでった。横に飛ぶと予想してたが軽くかわされたね(笑)

1/3000 seconds と高速シャッター切っているが、カメラも上方向に動きながらでないと写し込むのは無理。天気のいい日にまたチャレンジだが、かなり体力消耗するので夢中にならないようにしないとね。休み休み撮らないとドッと疲れます(^^;

投稿者 Nao7 : 21時34分 デジカメ 670コメント(0)