2019年4月30日
ヤフオクは卒業かな

画像

画角を比較

三脚や雲台など撮影関連で必要な機材はあらかた揃ったと思う。今日は PENTAXのフイルム時代の望遠レンズが届いた。SuperMalti Coated TAKUMAR 150mmf4 という珍しい焦点距離。Kマウントでは 120ミリを愛用していたが、どちらも微妙な焦点距離だね(^^;

K-1M2に付けて早速試し撮り。天気が悪いので室内で適当にテストしたが思いのほか良く写る。フルサイズカメラの能力が生かされてるのかも。Pentax Qに付けると焦点距離は Q7よりも若干長くなり 837ミリ! 手持ち撮影はまず無理なのでメインで使うものじゃないよね。

右の画像は Qと K-1M2で同じ距離から撮ったもの。最短撮影距離が不明なのでカメラを持って前後しながら適当に距離を決める。上段は フルサイズ横 7360ピクセルを 1024にリサイズ。下段は 4000ピクセルを 1024にリサイズ。比較という意味では適当だが、フルサイズカメラなら平凡な焦点距離だが、Qや Q7では超望遠となるのが分かるかと思う。

リサイズすればそこそこ見られるので、軽いボディに軽いレンズで 800ミリ以上の望遠効果があるのはやはり楽しい。ただワンシーンに複数回シャッターを切らないとダメと覚悟していないとね。フイルム時代のように、ピント外しちゃった、じゃ済みそうもないからね(^^;

明日から令和・・娘に倣って断捨離始めるか(^^;

投稿者 Nao7 : 20時50分 デジカメ

コメント

コメントしてください